<   2005年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

初の母娘デート

以前、書いた「鬱ノート」をキッカケに
両親と色んなことを語り合った。
病気のこと、薬のこと、病院のことから始まり、
仕事のことから、日常のささいな事まで。

そんな中、父から服装に関しての注文を受けた。
以前もここで書いたが、冷房に弱い私はタンクトップの上から
カーディガンを重ね着していた。
それがどうやら「だらしない」と…。(;´Д`)ズガーン
重ね着なんて、今の若い娘とかいくらでもやってるではないか。
どうやら、Tシャツ1枚で颯爽と歩いているのが
父親のいう理想の「若者らしさ」らしい。
でも、Tシャツなんて数えるほどしか持ってないしなぁ…。
「じゃあ、お母さんがついて行くから、買いに行こ」という急展開に。

と、いう訳で母・娘の初デートということに相成った。
母と2人で歩くのなんて、高校の三社面談の時以来だと思う。
まず、三宮についてINGNIというブランド店に飾ってあった
黒のポロシャツ(ボタンにラインストーンが入っている)を購入。
なんと2,000円を切るという超お買い得品。
その後、スパゲティ専門店「壁の穴」で食事。
母は「海の幸のカルボナーラ」、私は「イカとウニ」。
セットにしたものをそれぞれ注文。
スープ、前菜、ドリンクが付くのだが、どれも美味。
私はよく行く店なのだが、母は「こんな店あってんなぁ」と素直に感動。
その後、電気屋で溜まったCDを編集する為のCD-RWを購入し
垂水へ帰還。と、いうのもこの日はメリケンパークで花火大会が
あったので三宮~神戸近辺は人がかなり多かったのだ。
特に人酔いしやすいタイプの母親は、ちょっと疲れていた様だった。

垂水へ帰ってきたら、やっぱり2人ともホッとしていた。
駅に降りたときの潮の香りが、いつもより新鮮に感じられる。
垂水では、D&GのTシャツを購入。
シルバーとピンクのラインストーンで、描かれたロゴが良い。
その後、母がオススメするJAZZ喫茶&BARへ。
(本当は写真に撮って、どんなお店か見てもらいたかったのだが
さすがにちょっと撮影しずらかったので…)
落ち着いた雰囲気のお店だった。
ゆっくり時間が流れるような感じで、贅沢な気分を味わった。
心地よいJAZZの音が私たち2人を包んでいるかのようだった。

電車の中で、繁華街で、飲食店でとにかく沢山の話をした。
ずっと近くにいるのに、初めて聞く話ばかりで
「あぁ、私はお母さんのことを全然知らなかったんだな…」と感じた。
美術館に行きたかったこと、母の少女時代の話、
スウィングJAZZが好きなこと…etc.

もう少し、お互いの調子が良くなったら
今度は美術館に連れて行ってあげようと思う。
[PR]
by nyalin290 | 2005-08-19 13:19 | 日常

映画「ロボッツ」を観る

すいません、このところ、薬を抜いてるせいか
全くヤル気なしでずっと寝てました…。
及び、口内炎と貧血で体調最悪。
とてもPCに向かう気力がない…。
なので、このblogも更新が滞っておりました。
でも、この間にも色々ありまして…。

今日はDJ赤坂の番組で映画「ロボッツ」の券が当たり、
ようやくそれを見てきたので、その感想を書こうと思います。
映画自体はもう4月くらいから、スポットが流れていて知っていたのだが
正直「ガキ向けだろう」ということで、全く期待していなかった。
(赤坂さんの解説がなかったら、観ることはなかっただろう)
が、それは大きな間違いだった。
期待してなかったせいか(?)、予想以上に遥かに面白い出来だった。
一緒に行った友人も満足そうで何よりだ。

ストーリーは主人公ロドニーが、偉大な発明家ビッグウェルド博士の
「誰もが輝くことができる」という言葉に感銘し、発明家になる夢を
叶えるべく大都会ロボット・シティを目指す。
しかし、いざロボット・シティに行ってみると…。
そこでは中古ロボットをスクラップしようと企む
大企業ビッグウェルド・インダストリーズ社の経営者、ラチェットの
陰謀が始まっていた。
ロドニーは中古ロボットの仲間たちとそれを阻止するため、
ビッグウェルド博士を探し出そうと決意するが…。
果たして博士は見つかるのか? そして、ロドニーの夢は叶うのか!?

ストーリーはいたって単純なのだが、とにかく全体のテンポが
早いので、これくらいシンプルなストーリーで成功だったと思う。
今まで色んな映画を観てきたけど、これほど退屈しない
「あっという間に終わってしまった」作品は初めてかも。
また当初は字幕版を観るつもりだったが、極端に早い、または
遅い時間にしかやっておらず、仕方なく吹き替え版を
観ることになったのだが、これも成功だった。
あのスピーディーな展開で字幕も見ながらだったら、きっと
頭が混乱していただろう。
吹き替えにSMAPの草なぎ剛(なぎの字が変換できない)や
矢田亜希子など有名タレントを起用しているので
これも期待してなかったのだが、上手くハマっていた。
それにしても、山寺宏一はさすがでした。
しかし、あとで映画館に置いてあったパンフレットを見ると…、
オリジナルの吹き替えにはなんと、ユアン・マクレガー、ハル・ベリー、
それに私の大好きなロビン・ウイリアムズも担当してるではないか。
うわー、こっちも見てみたいなぁ。

ところで、これは全編CGの作品なのだが
本当に向こうの技術には関心されられる。
CGなのに、しかもロボットなのに人間より人間らしい!
細かいところまで実に丁寧に作られている。
つい先日、wowowで哀川翔主演の「ゼブラーマン」を観たのだが
ショボイ、スライムのようなCGが出てきた。(゚Д゚)ハァ?って感じだった。
日本でCGで話題になった映画といえば「CASSHERN」もあったが
今にして考えたら「何、それ?」と思う。
それはさておき、エンターテイメントとしては最高の作品。
お子さんがいる人には、ぜひ家族で観に行ってもらいたい。

P.S. ロドニーと草なぎ君の顔って何となく似てるような?
[PR]
by nyalin290 | 2005-08-16 10:55 | 映画・音楽・ドラマ・本・TV

ラストサムライ、涙の銅メダル

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/athletic/iaafwc2005/column/200508/at00005716.html

―世界陸上、4日目。
この日は男子400Mハードルの決勝があった。
日本の為末大は予選8位という、ギリギリのラインで
決勝に残ることができた。

が、朝から強風が吹き荒れ、なんと雷と豪雨で一時、
競技が中断するというアクシデントが発生。
で、連日、朝4時までのTV観戦で疲れたのもあり途中、眠っていた。
午前3時45分。ハッと目が覚めるとTVに為末の姿が。
「おっ、いよいよ始まるのか?」
だが、競技直前に再び豪雨が。

「また中断なんだろうか?」と思ったが、競技は開始されることに。
最悪のコンディションの中、ついにスタートを切る。
が、フライング。
おそらくほとんどの選手の集中力が途切れていたであろう。
―仕切り直し。今度は無事、スタートを切ることができた。
最初はトップを独走。ハードリングに定評のある為末。
順調にハードルを飛び越える。
途中、2レーンのサンチェスがトラブルで棄権。
「頼む、このまま行ってくれ!」
しかし、為末の背後から1人、2人追い抜いて行く。
最後は1レーンのカーロン・クレメントが追い上げ
為末は転びながらゴール。
結果、為末とカーロン・クレメントがほぼ同時ゴールになり
3着争いは電光掲示板の表示待ちに。

この間がすごく長く感じられた。
「見た感じ、為末の方が早く入った気がするんだけどなぁ…」
見ているこっちは、ただ祈るしかない。
すると、為末が電光掲示板を何度も確認した後、
ガッツポーズを見せた。
―勝った。為末、悲願の銅メダル!
思わず、TVの前で何度も拍手を贈ってしまった。
為末はウイニングランしながら、泣いていた。

2001年、4年前のエドモントン大会以来の銅メダル。
もちろん、日本人としては初めての栄誉だ。
が、実はここから為末のどん底の日々が始まる。
お父さんの死をキッカケに、どの大会に出ても思うような結果が
出なくなってしまう。
そして、リスクを背負って大阪ガスを退社しプロに転向。
2003年のパリ大会では、決勝に残ることができなかった。
「これまでのやり方ではダメだ」
ヨーロッパに渡り、地獄のようなトレーニングを積んで
今回の大会に臨んだ。
この4年間をまとめたVTRを見た時は、泣いてしまった。
(私は徳光和夫か、と自分でツッコんでたが)

「このメダルは父に捧げるメダルです」
為末の涙のインタビューに、またもらい泣きしそうになった。
これだから、見るのやめられないんだよなぁ。
が、残念ながら明日、明後日と仕事が入ってしまったので
さすがに早く寝ないとなぁ・・・。

余談だが、織田裕二のキャスターぶりが回を重ねるごとに
良くなってるような気がする。
いつぞやの大会の時なんか、終始アヒャヒャと興奮していて
パートナーの中井美穂が明らかにフォローできなくて困惑していた…。
やはり、視聴者からクレームが来たらしくTBSの上層部から
注意を受けた、という噂を聞いたが…。
でも、それはそれでツッコミどころがなくなって少し寂しい(笑)。
あと、今まで全く気にしてなかったが、今回の大会テーマソングが
結構良い。もちろん、歌うのは織田裕二で「All my treasures」という曲。
しかし、これダウンロード配信しかしておらず、1曲210円。
300円台を払えばアルバム1週間レンタルできる
このご時世に正直、1曲210円は高い!と思うのだが。
ダウンロードしようか悩む…。
[PR]
by nyalin290 | 2005-08-10 11:55 | スポーツ

奇跡の「鬱ノート」

いつもは脳天気なことばかり書いているが、
今日はちょっと真面目な話を…。

実は水曜日に両親と大喧嘩をした。
原因は一言で言うと、私の病気と今までの甘えのせいだ。
その後、ヤケクソにキツめの睡眠薬を何種類か飲んだ。
当然、OD(オーバードーズ)状態に。
暫くして、怒った母親が私の部屋に上がりこんで来た。
意識朦朧の中、母が怒りにまかせて部屋を荒らしていくのがわかった。
私は起き上がることが出来ない。
そんな中、母が2冊のノートを発見した。
「何よ、コレ」とページを開く。「マズイ」と思った。
このノートは、通院記録・精神状態・薬の説明など
ひたすら私の病気のことのみを綴った「鬱ノート」と呼んでいるものだった。
嗚呼、もうおしまいだ。そう感じた。
母は「これは預かる」と言い残し、下の部屋に降りて行った。

その日の深夜2時、ようやくODから目覚めトイレと水分補給の為、
母の眠っている1Fに降りた。本当は嫌だったが。
すると、母はA4用紙に書かれた1枚の手紙を手渡した。
そこには
「ごめんな、お母さんもお父さんも全然気づかなかった」
と、書き出されており
「話すのが苦手なあんたやから、思いが親に通じなかった。
これからは少しでも変わりたいと思うよ。
あんたの事も理解していきたい。
そしてこのいやな“うつ”の病気を治していきたい。
頑張ろな、力まずに、少しずつ、そんなに思いつめないで、
問題解決していこう」と結ばれてあった。
私がラリっている間、あのノートを両親で読んだみたいだ。
正直、驚いた。結果的に「鬱ノート」が親子の掛け橋になったのだ。
この手紙を渡された時は、まだ薬が残っていて
感情が抑えられていたのだが、翌朝、改めて読んで泣いた。
涙が止まらなかった。

翌日から、親子間での長い話し合いが始まった。
この数日間で10年分の話をしたような気がする。
私は親子間の仲は「悪い方ではない」と思い込んでたが、
それは本当に「思い込み」に過ぎなかった。
単なるコミュニケーション不足だったのだ。

これからは両親が全力で私を受け止めてくれる。
だから、私も思い切り両親の気持ちにぶつかっていきたい。

昨日は大人になって、初めて母親と2人で三宮に出かけた。
その話はまた後日(もう充分に長文なので)。

あぁ、今日も長文になってしまった。
ここまで読んで下さった皆さん、どうもありがとう。
[PR]
by nyalin290 | 2005-08-07 17:49 | 日常

「世界ふしぎ発見!」で奇跡が・・・!         (真夏の夜の椿事)

「世界水泳」が終わったと思ったら、あっという間に
「世界陸上」が始まってしまった
ので、
またまた眠れない夜が・・・。
しかも、サッカーや野球(阪神は恒例の“死のロード”に突入)も
あるので、スポーツ観戦好きには嬉しいやら、大変やら。

「世界陸上」が始まるまで「世界ふしぎ発見!」をやっていたので
見てみることにした。
新聞のラテ欄に「野々村号泣!スタジオに奇跡が」
書かれていたのが妙に気になった。もしや…、やってしまったのか!?
クイズは、アフリカ大陸の南東に浮かぶ島
“マダガスカル”をテーマに進行していく。

さて、問題の「野々村の奇跡」なのだが…。
1問目、正解。
2問目、正解。
3問目、正解。おおーっ!パーフェクト!!
ブラウン管では、野々村真が男泣きしている・゚・(ノД`)・゚・
何でも番組20年レギュラーしていて、
(20年、番組が続いてたというのも凄いが)
初めて獲ったパーフェクト賞らしい。
しかも、病気のお兄さんの為に今日は最初から
パーフェクト狙いで臨んだそうだ…。
2ちゃんねるでは、何個もスレが立っている。
今日、この番組を見た視聴者は
ある意味、歴史的瞬間(?)を見ていた訳だな…。


…20年目で初のパーフェクト。
なんとなく、のび太がドラえもんの助けなしで
ジャイアンに喧嘩で勝った話を見ているような気分になった。
(ヘンな例えですみません)
…私の好きな東MAXは、3年目(いや、2年目だったか?)の
準レギュラー・約月1ペースの出演で、
すでにトップ賞もパーフェクト賞も獲っているのだが。

「やらせ」という声もあるけど、
私は素直に「良かったじゃん」と思ってますよ。
いつも、黒柳さんばかりがパーフェクトだと見ていてつまらないもん。
まぁ、「やらせ派」の人も「夏の椿事(失礼)」という事で
暖かく見守ってあげましょう。

それにしても、世界陸上おもしろい。早速、今日は眠れないな。
[PR]
by nyalin290 | 2005-08-06 23:45 | 芸能

「死んだ女の子」

今日、「NEWS23」を見ていたら
元ちとせさんと教授・坂本龍一氏が広島原爆ドーム前で
「死んだ女の子」という曲を生演奏していた。

<「死んだ女の子」は原爆の火に焼かれてしまった女の子の気持ちを
  トルコの社会派詩人、ナジム・ヒクメットが書いた重いテーマの詞。
  日本では60年代、反戦歌として多くのフォーク歌手たちが
  この詞に曲を付け歌った。(「NEWS23」HPより引用)>

そう、今日は8月6日。広島に原爆が落とされた日だ。

元ちとせさんの真っ直ぐな歌、そして、教授の美しくも悲しいアレンジ。
しかも、歌詞のテロップが出るので、耳で目で戦争の悲惨さを
改めて実感した。
歌詞を知りたい方は「死んだ女の子」と検索すれば、歌詞が載っている
HPがいくつかある。
(実際、元ちとせさんが歌った歌詞と若干、違う部分がありますが)
また、この曲は期間限定で携帯電話(着うた)とPCで
ダウンロードできるそうだ。
ネット、着うたとも1回210円。売上金はユニセフに寄付される。

PCからはコチラ↓
http://bit.sonymusic.co.jp/

とにかく衝撃的だったので、私も後日ダウンロードしてみようと思う。

P.S. この曲を聴いて、鬱な気分になったが
    その後の「世界陸上」の番組での
    織田裕二のカラ元気な司会ぶりを見て、
    ちょっと救われた気がした(失礼)…。
    「これは見逃せませんよ!」それ、毎回言ってるだろ。
[PR]
by nyalin290 | 2005-08-06 01:46 | 時事問題

曙…、その後

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20050805&a=20050805-00000012-spn-spo

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050804-00000012-spn-spo

K-1ハワイから、1週間も経たないうちに
もうプロレスの試合してたのか。
で、結果はもちろん「敗戦」(失礼)。
これで曙の格闘技人生に黄信号(赤信号?)が灯ることとなった。

それにしてもプロレスってK-1よりも、ある意味過酷かも。
この試合でも「毒霧」を浴びたって…。
プロレスなんかルールがあるようでないようなモノだからなぁ。
反則とか「何でもアリ」の世界だし。
(格闘技好きの私が唯一、プロレスを嫌う理由のひとつなんだけど)

しかし、曙は攻撃のウリのひとつとして、
あの体重を維持
してるらしいが
「格闘技」の選手として戦うには、どう考えても不利だと思うんだけど。
(相撲は別として)
K-1ハワイでゲストに来ていた、山本KID徳郁も
「体重落とした方がいいですね」とハッキリ言っていた。
同じデブファイターでも、バタービーンの方が
まだ動きが軽いし、手数も出てるし。
曙のあのブヨブヨ体型では、ちょっとなぁ…。

さて、当の本人はしばらく「長期休暇」に入るそうです…。
[PR]
by nyalin290 | 2005-08-05 11:00 | スポーツ

只今、放送中

これを書いている今、
ニッポン放送(春のホリエモン抗争を思い出しますね)から
ネットされている
「デーモン小暮・ニッポン全国ラジベガス」という番組を
聞いてるのだが、デーモン閣下が夏休みの為
(悪魔も夏休み、取るんだな)、ピンチヒッターに、
下町のプリンス・東MAXことTake2の東貴博さんが登場!
いやぁ~、私、東MAX大好きなんですよ(*‘ー‘)
顔も芸風も芸にストイックなところも。

関東では「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」という番組に
レギュラーで出ており、これもニッポン放送なのだが
ネットしていない為、いつも「ビバリー昼ズ」HPで
オープニングトークをストリーミングで聞けるのみ・゚・(ノД`)・゚・

と、いうことで関西の東MAXファンにとっては貴重な放送。
にも関わらず、野球が延長したせいで
本来2時間番組だったのが、1時間に短縮_| ̄|〇
ゴルァ!ジャイアンツと広島、こんな所で粘るな!

ちなみに今、父上の故・東八郎氏の話をしております。
それにしても、ニッポン放送のサイトから拾ってきた
この宣材写真、カッコイイわ~!
写真のように、前髪下ろしてる方が私は好みなんですがね。
(最近は前髪上げてることが多い)

d0004389_23323467.jpg
[PR]
by nyalin290 | 2005-08-02 23:35 | 芸能

最近のお気に入り・その4

夏のファッションって結構、難しい。
例えば通勤する際、外は暑いんだけど
電車や会社の中は冷房がきつすぎて今度は寒い。

と、いうことで通勤ファッションは5分または7分袖のカーディガンに
インナーを合わせるのが定番になっている。
今日は仕事が早く終わったこともあって、
安く仕入れてきたインナーも合わせてご紹介。

d0004389_2225962.jpg











これは先日観に行った「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の会場で
売られていたもの。
ちょっと見にくいが、シルバー文字で「Hedwig」と書かれており、
文字の上にラインストーンも飾られている。
本当はピンクが欲しかったが、既に完売。
でも、これで良かったかも。
ずっと眠っていたターコイズブルーのカーディガンに合わせられるので。
一緒に観に行った友人も、これと全く同じものを持っている。

d0004389_2282493.jpg











これはSAB STREETのもの。3年前に阪神百貨店のセールで購入。
店の前を行ったり来たりして、店員さんのトークに乗せられお買い上げ。
一見、派手な柄だが、色が落ち着いているので意外と合わせやすい。
かなり重宝している。

d0004389_22124880.jpg











去年、BOBSONのアウトレットで購入。これ、子供用です…。
私はオレンジが似合うらしくて、友人らに乗せられてお買い上げ。
同じく、去年購入したオレンジのサンダルにピッタリ!

d0004389_22164063.jpg











DO! FAMILYの今期物。清楚な小ぶりの花柄。
通勤用にはもってこいだし、何でも合うので大活躍。
ただし、白地基調なのでマメに洗濯しないと汚れが・・・。

d0004389_22204885.jpg











キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
バイソン柄! 安かったので購入。
これは黒いアウターと合わせると丁度良いかな?

d0004389_22241893.jpg











変わったデザインのものが好きなので
思わず迷彩柄を購入してしまった。
ちなみにグレーを基調とした迷彩柄Tシャツも持っている。

d0004389_222644100.jpg











パープルって結構、好きなのだ。
昔いた会社では「お前はいつも紫の服、着てるな」と言われたほど。
もちろん、パープルのアウターも持ってるのでそれに合わせられる。
GAPの人に聞くと、今年はパープルが流行るらしい!?

d0004389_224913.jpg











パープルのインナー、もうひとつ。これはSPBのもの。
肩からデコルテのあたりにグリーンの切り替えがあるのだが、
この写真ではちょっと明るすぎるな。
実際は若草色に近いグリーンなのだけど。
これはミッシェル・クランのパープルのカーディガンによく似合う。
[PR]
by nyalin290 | 2005-08-01 22:31 | お気に入り