カテゴリ:芸能( 22 )

香港の薬膳スイーツ

昨日、久々に「世界ウルルン滞在記」を見た。
佐野瑞樹という役者(どうやらジャニーズの人らしい)が
香港のスイーツ店で修行をするというもの。

香港のスイーツは、おなじみ杏仁豆腐やマンゴープリンをはじめ
ツバメの巣とカエルの皮下脂肪が入ったココナッツミルクや
亀ゼリーなど日本では珍しい食材を使っている。
そして、何よりも香港のスイーツは医食同源という考えに
基づき、「体にいい」という事を前提に作られている。
美味しくて体にいいなんて、夢のような話である。
ぜひ一度、食べてみたい。

2年前、ロンドンで初めての海外生活を体験した私だが
もし、次に海外に行くなら香港もいいなぁ。
香港といえば、やっぱり100万ドルの夜景でしょう。
それも見てみたい!
夢は膨らむばかりで、お金のない私であった。トホホ。

それにしても今回の「ウルルン」、最後に号泣して抱き合うという
シーンがなかったな。
なんかあっさりした別れだったので、そこだけ拍子抜けだ。
[PR]
by nyalin290 | 2005-06-06 16:28 | 芸能

5月生まれのあの人

5月も今日で最後。早いなぁ。
そういえば私と同じ5月生まれで、大好きな人がいる。
現?元?歌手の森川美穂さんである。
歌手の前に“現?元?”と付くのは、現在レコード会社と
契約していなくて、歌を出してないからである。
20年以上所属していた、ヤマハ音楽振興会も辞めてしまった。

未確認情報だが、おそらく今は京都劇場の劇団四季
「アイーダ」
にアムネリス役で出演しているハズ。
※Wキャストです。
(劇団四季のHPにキャストが載ってない)
去年、旧MBS劇場、現シアターブラヴァへ「アイーダ」を
観に行ったが、森川さんのアムネリス役は素晴らしかった。
元々、歌の上手い人だが歌唱力に加え表現力がますます
パワーアップした感じ。

こんな上手い人が、なんでレコード会社と契約してないのか
甚だ不思議だ。
仕方ないので、この間出た「ゴールデン・ベスト」を聴く。

で、元々、森川さんは大阪の人のせいか、今は仕事も生活も
大阪を拠点にしているようだ。
そんな森川さんが、4月から始まった毎日放送ラジオの
「ノムラでノムラだ♪」の火曜日に出演中という話を最近知った。
http://mbs1179.com/kg/
先週聴き忘れたので、今週はちゃんとチェックして聴いてみた。
(なんか毎日放送とFM-COCOROばっか聴いてるな)
因みにタイトルになっている「ノムラ」とは、野村啓司アナウンサーの事。
覚えてる人はいるんだろうか? 大昔にTBS系の
日曜7時にやっていた「クイズ!ひらめきパスワード」の司会者だった。
話は戻るが、AMの番組のせいか森川さん、丸くなりましたねぇ。
野村アナとの息もピッタリ。
昔はサバサバした性格なので、番組出演時にはファンから見ても
キツイなぁと思うこともしばしばだったが。
やはり、子を持つと優しくなるんだろうか?
(森川さんは一児の母)

柔らかくなった森川さんを声だけだが、楽しめる番組がある。
「優しさ便り」というミニ番組。日本テレビ系で放送している。
http://www.ntv.co.jp/kando/
「ノムラでノムラだ♪」は関西でしか聴けないが、これは全国放送。
(頑張れば遠くからでも、聞けるかもしれないが)
内容は紙芝居のTV版といったらいいのか。
イラストのついたショートストーリーのナレーションを、森川さんが
担当している。歌も上手いが、ナレーションも表現豊か。

そんな訳で多方面に活動している森川さんだが、
やっぱりファンとしてはインディーズでもいいから新曲出してほしいなぁ。
歌手としての活動希望。
[PR]
by nyalin290 | 2005-05-31 18:51 | 芸能

パク・ヨンハのライブ映像を見る

韓流スター、パク・ヨンハのWOWOWでのライブを
先日、うちの母が録画していたので見せてもらった。
曲はほとんどがバラードで、詞の内容は
「僕は永遠に君を愛するよ」といった感じ。
(一部の曲に字幕が出てたのです)
でも、このバラードが泣かせる。
暗すぎず湿っぽくない。彼のソフトな声がいいのか?
最後の曲は今、日本で放送中のドラマの主題歌を
歌っていた。
「美しき日々」の「初めて出逢った日のように」だったと思う。
(間違えてたら、訂正下さい)
バラードもいいけど、私はこの曲が一番好きだ。
この間も書いたがグローバー・ワシントンJr.のカバー
「Just the two of us」も良い。
パク・ヨンハは日本語も織り交ぜながら韓国語で
「ありがとうごさいます」というMCを何度もしていた。

途中、インタビューも盛り込みながらの放送だったのだが
実に謙虚な人。その謙虚さは顔に現れてるが。
特に今の韓流ブームについては、興味深かった。
ブームはいずれ終わってしまうものです。
お互いの国が少しずつ歩み寄ることが大切だと思います」
というような発言をしていた。
今のこの韓国熱はブームなのかどうなのか?
[PR]
by nyalin290 | 2005-05-10 17:38 | 芸能

金曜日のライブに対するお詫び

大西ユカリと新世界のライブについて書いたとき、
エラそうに「エンターテインメント性はまだまだだが~」と
書いてしまったが、
昨日のユカリさんのラジオによると
あえて今回は「聴かせるライブ」にしたい、ということで
演出は控えめにしていたそうな。
勘違いして、大西ユカリと新世界の皆さんには
大変申し訳ない。
でも、やっぱりMCは沢山聴きたかったなぁ。
[PR]
by nyalin290 | 2005-04-19 11:08 | 芸能

ライブだ、ライブ!

昨日、ここでも度々、話題にしてきた
「大西ユカリと新世界」のライブに行ってきた。
初めの曲はデビューアルバムに収録されている
「恋はバツグン」だったが、
大半がNEWアルバム「ありがとう」の曲であった。
因みにライブでは、珍しい2部構成になっていた。

エンターテインメント性はまだこれから、って感じだったが
ボーカル・大西ユカリのパワフルな生歌を堪能するのには
良いステージだったのではないかと思う。
同じ曲なのに良い意味で、CDと全く違う。
やっぱり歌のうまい人は生で聴くべきだなぁ。
元・憂歌団の木村充揮さんがサプライズゲストで現れたときは
ステージ一丸となって盛り上がった。
ただ・・・、すみません。憂歌団は知っていたが、木村さんの
ことを全く知らないので「へぇ~」という目で見てました。
ごめんなさい、木村さん。

ステージの演出としては最後の「ありがとう」という曲で
メンバーが1人ずつ「ありがとう」といって舞台から去っていく
というものだが、ちょっと切なくてあれは良かった。

ただあえて突っ込みさせてもらうと
1.もう少し、以前の曲もやってほしかった
2.MCが少なかった
3.衣装がいつもと比べて地味だった
4.ゴーキャッツがいなかった
  (いつもヤル気なさそうにしてる女性の踊り子さん達)
くらいかな。
でも、家で引きこもりがちになっている私としては
良い気分転換になった。
たまには、こういう場へ出かけるのも必要だな、と感じた。
とにかく、ユカリさんとバンドの皆さん、楽しい時間をありがとう
[PR]
by nyalin290 | 2005-04-16 10:42 | 芸能

番組改変期

以前、AOR紹介のところで書いた
FM COCOROで放送されている中田利樹さんのAOR専門プログラム、
「 Adult Oriented Radio 」が、日曜日の朝9時から
土曜午後5時に変更になった。
4月は番組改変期ということで、好きな番組も沢山終わってしまったが
とりあえず、これは時間帯移動にとどまってくれてホッ。
(個人的には日曜朝の方がよかったが)
中田さんが「来週、最終回かも?」と言ってたので
正直ヒヤヒヤしていたのだ。
今、その「 Adult Oriented Radio 」を聴きながら
これを書いている。

実は土曜のFM COCOROはもう1つ好きな番組が
あるのだが、これはまた別の機会に。
[PR]
by nyalin290 | 2005-04-02 17:15 | 芸能

♪くもり硝子の向うは・・・

昨日、埼玉スタジアムで日本代表が戦っている間、
TBS系列で「平成にっぽん歌謡50年全史」という番組が放送された。
これはTBSの開局50年を記念して、文字通り
過去50年間を歌で振り返る、といった企画である。
昭和歌謡大好きな私は、これをビデオに撮っていて
それを今、見終えた。
ところで新聞のラテ欄見るだけでも、相当多い面子。
(全部書くと長くなるので割愛)
スタジオには多くのゲストが集まっていた。
それに加え、TBSの番組からの秘蔵映像も放送された。
さすがに生まれる前の映像や曲は、特に思い入れがないのだが
80年代に入ると懐かしさが爆発!
「あぁ、こういうのもあったなぁ」とノスタルジーな気分に浸る。
ゴダイゴや、もんた&ブラザーズはわざわざこの番組の為に
再結成したらしい。泣かせる。
と、いう訳で見てて新しい発見もあって面白い番組だった。

で、私がこの番組を録画してまで見た重大な目的が!
なんと寺尾聰さんが、久々にTVで歌ってくれるという。
曲はもちろん「ルビーの指環」。生バンドを従えての生歌である。
寺尾さんは歌うときに、当時と同じようにサングラスを装着。
ただでさえダンディな寺尾さんが、ますますカッコ良くなって
見ているこっちは殆ど「萌え」状態である。
またこの「ルビーの指環」がホントに良い曲。
CD買って何度も聴いてるが、全く色褪せることがない。
永遠の名曲だ。
今も寺尾さんのCDを聴きながら、この日記を書いている。
それにしても、寺尾さんがTVで歌うことなんて滅多にない。
このテープは永久保存版だな。

ところで寺尾さんの楽曲を、和製AORと思ってるのは
私だけだろうか?(AORについては下記参照)
それからマッチの「ギンギラギンにさりげなく」の意味が
わからないのも、私だけ?
ギンギラギンと言ってる地点で、すでにさりげなくないのだが。
最近、寺尾さんネタが多いが、まぁよい。
[PR]
by nyalin290 | 2005-03-31 13:10 | 芸能

実はスゴイ人

皆さん、ブレイクダンスというのはご存知でしょうか?
私が始めてTVで、ブレイクダンスを見たのが
確か幼稚園~小学校低学年だったと思う。衝撃的だった。
両腕だけで、もしくは背中でクルクル回ってる!
「関節あるのか?」と思うくらい体がクネクネ曲がる!
そのブレイクダンスを踊っていたのが、
あの風見しんご(当時:慎吾)さんである。
若い人は知らないだろうが、彼は昔アイドルだったのである。
実はダンス界において、日本で最初にブレイクダンスを
広めた人として彼は結構リスペクトされているのだ。
YOU THE ROCK★は、風見さんをリスペクトし彼の出演番組
「伊東家の食卓」にラップゲームのゲストとしてやってきたらしいし、
ダンス★マンに至っては風見さんのシングル
「涙のTake a chance」をカバーしたほどである。

で、この度「LUIRE(ルイール)」という雑誌で風見さんの
インタビューという企画があった。
このインタビュアーが実に素晴らしい。
<以下抜粋>
「(若い読者が)それこそ風見さんがお茶の間にブレイクダンスを
広めた偉大な功績を知らないと思うんですよ。
日本人なら他の誰よりもまず、風見さんをリスペクトするべき
だと思うんですけどね

私もそう思う。常々もっと評価されてもいいのに、と思ってたのだ。
因みにこのインタビューには先駆者ならではの苦労や
当時の背景も語られており、中身の濃いインタビューだった。
あのままタレントにならず、ブレイクダンスを踊り続けていたら
神呼ばわりされていたんだろうか?
と、いう事で私の考える、実はスゴイ人を紹介してみました。
この記事は「LUIRE」4月号に掲載されている。
興味のある人はバックナンバーを取り寄せて、読んでみてほしい。
[PR]
by nyalin290 | 2005-03-28 11:28 | 芸能

ウッチャンと徳永アナついに結婚へ

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/marriage_and_divorce/?1111748626

ウッチャンこと内村光良さんとテレビ朝日アナウンサー・
徳永有美さんがついに婚約した模様。
元々、深夜番組「内村プロデュース」で知り合った2人。
徳永アナ(以下:徳ちゃん)はアシスタントとして、毎週出演してたが
歴代アシスタントの中では、彼女が一番好きだった。
(因みに初代は、これまたウッチャンと噂になった下平さやかアナ)
だから、不倫問題で徳ちゃんが降板したときは非常に残念だった。
2人とも私は好きなので、とにかくハッピーエンドになって良かった。
ウッチャンのケジメが、やや長すぎた気はするが(苦笑)。
それはそうと、徳ちゃん、テレ朝辞めてしまうのね・・・。
ブラウン管でもう、彼女を見られないのは寂しいが。
とりあえず、おめでとう!
[PR]
by nyalin290 | 2005-03-25 22:10 | 芸能

今日は朝から事件が勃発!? ・その2

昨日はロヒプノールという比較的軽い睡眠剤を
飲んで眠ることができたので、朝6時45分に爽やかに?目が覚めた。
うちはいつもフジテレビの「めざましテレビ」を見てるのだが
「めざましテレビ」に、あの寺尾聰さんが登場。
ドラマ「優しい時間」の番組宣伝で出演した。
寺尾さんが、こんな朝早い番組に出るのは極めて珍しい。
早起きして良かった・・・。
私は寺尾さんの大ファンなのだ。
もちろんCDも持ってるし、俳優としても注目している。
(その割には「優しい時間」は録画ミスで見てませんでした。
スミマセン!)
で、番組の中では、あの「ルビーの指環」のサビを生で
歌ってくれたのである!
これは貴重だ。
(「ルビーの指環」はカラオケで歌う程、大好きな曲)
7月7日には川崎クラブチッタでライブもあるらしい。
行きたいなぁ・・・。
とにかく素敵な朝をありがとう、寺尾さん。
いつ見てもダンディでカッコイイわ。相変わらず渋い雰囲気だった。
[PR]
by nyalin290 | 2005-03-24 09:13 | 芸能