カテゴリ:オススメ( 10 )

BLUE×ORANGE

はぁ、やっと買う事ができた~。
写真左:押尾コータローニューアルバム「Panorama」。
写真右:ZARDニューアルバム「君とのDistance」。
ホントは昨日、買いたかったんだが台風と諸事情により
買えなかった(昨日が発売日だった)。
昨日はもどかしい1日だった…。
で、まずは「Panorama」から先に聴いたのだが、
美しすぎるギターの音色で爆睡(恥)。
改めて、ちゃんと聴こうと思う。

それにしても、この2つのジャケットの色。
良い味出してます!
写真では、いまひとつ色の鮮やかさが伝わらないかもしれないけど…。
押尾さんのは、パープルがかった夕焼けから夜に変わるのかな?と
いうのを連想させるような、グラデーションの入った蒼。
(パープルも好きな色)
一方、ZARDは時期的なのか秋を思いおこさせる様な
アースカラーがかったキレイなオレンジ。
CD買うときってやっぱり、ジャケットって大きな役割を果たすと思う。
私なんてジャケ買いしてしまうこともあるし。
またジャケットひとつでアルバムのイメージも聴く側に
インプットされてしまう。

それはさておき、この2枚、秋のお気に入りになりそうです。
とはいえ、来月は大西ユカリと新世界とサザンオールスターズの新譜が
発売されるので、お財布事情が…(嬉しいけど、泣)。

d0004389_16264713.jpg
[PR]
by nyalin290 | 2005-09-08 16:27 | オススメ

DJ Akasaka Radio Magic!!

今日は長い文章が更に長くなりそうです…。

私がご贔屓にしてるFM局、FM-cocoloのHPには
http://www.cocolo.co.jp/index.html
1日の番組表がある。一昨日それを見ると、…おや?
「え!? マジで! っていうか、いつ始まったん!?」と
ビックリしてしまった。
朝7時から9時までの番組名が
「赤坂泰彦Morning Groove~One on One~」とある。
次の日(昨日ですね)、仕事だったということもあり早起きしていたので
早速、FM-cocoloにチューニングする。
すると聞こえてくるではありませんか! DJ赤坂の声が!
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!  嗚呼、なんか感激・゚・(ノД`)・゚・
しかも、選曲も自分でしているらしい。
更にR.Kellyの「Happy People(これがまた(・∀・)イイ!!)」をかけた時に、
赤坂さんが尊敬しているDJ、ウルフマン・ジャックの名前を挙げ
「せめて、ラジオを聴いている間だけでも楽しい気分になってほしい」と
いう言葉を聞いて、
「あぁ、やっぱり赤坂さんはリスナーの事をよく考えてくれてるな、
本当にDJが好きなんだな」と久々にラジオから流れてきた、その声に
ちょっとジンワリきてしまった。

何故、こんなに感激しているか? それは私が高校生の時にさかのぼる。
当時、赤坂さんはTOKYO-FM系列で
「赤坂泰彦のミリオンナイツ」という夜の帯番組をやっていた。
今の「One on One」では敬語で喋っているが
「ミリオンナイツ」では、リスナーの事を「おまえ、おまえら」
呼んでいた。
でも、それは上から見下ろしてる訳じゃなく、
常にリスナーと同じ目線に立っているのが、伝わってたから
リスナーも赤坂さんの事を「赤坂」と普通に呼んでいた。
時には(と、いうか殆ど?)馬鹿話をしながら、
時にはリスナーの悩みに真剣に答えてくれた。
DJ赤坂はいつも、ラジオの向こうのリスナーにエールを送り続けた。
が、97年9月に急遽、TOKYO-FMの諸事情により
番組が打ち切られる。最終回でDJ赤坂は泣いていた。
「TOKYO-FMさん! 僕にもう1度チャンスを下さい!」
訴えていたことは今でも忘れられない。
そんな訳で私の中の「ミスター・DJ」は伊集院光ではなく、
赤坂泰彦なのだ。

ところで、メールのアドレスが、mail@oneononefm.comだったのが
気になり(普通は、放送局のアドレスなのだが)、
「赤坂泰彦Morning Groove~One on One~」で検索してみると
なんとDJ赤坂のHPを発見!
どうやら、7月から始まった新番組らしく、東京のInter FMと
大阪のFM-cocoloでしかネットしてないらしい。
HP内でプライベートラジオを聴くことができたのだが、
DJ赤坂のこの番組に対する気合の入れようは凄いです。
よ~し、私も早起きしなくちゃ!
因みにCDプレゼントがあったので、メッセージ入りでメールを送ると
プレゼントこそ逃したものの、1行だけメッセージを読んでくれた。
今回はいつもの「ニャリン」ではなく、本名だけで出したので
下の名前を「さん」付けで呼んでいただきました。
なんか照れるなぁ。DJ赤坂には、やっぱり「おまえ」で呼んでもらいたい。

そういえば、DJ赤坂の番組にメッセージ出すの初めてだった。
「ミリオンナイツ」の頃はFAXもメールもなかったし、
(いや、FAXはあったか?)
聴いてるだけで満足だったからなぁ。
私は火曜日の「うさんくさいポップス」が大好きだったよ。
個人のHPなので、直リンはしませんが
ここ↓で「うさんくさいポップス」と赤坂のナイスなツッコミが聞けます。
(歌詞も閲覧可能)
http://keiji-m2.hp.infoseek.co.jp/usap/index.shtml
ジョニー広瀬の「太陽に抱かれたい」はソラで歌える!
一度聴いたら、その摩訶不思議な世界に驚き爆笑します。

最後にDJ赤坂の公式HP↓
http://www.tokyojap.com/akasaka/index.html
[PR]
by nyalin290 | 2005-07-21 14:11 | オススメ

夏の冷菓子

d0004389_18552479.jpg











夏はやっぱり、アイスにかき氷だ!
ここで私のお気に入りの3種類を並べてみました。

「爽」はCMでもやってるから、有名ですね。
基本的にバニラアイスが好きなので、バニラなら何でもいいのだが、
「爽」はやっぱり、ジェラートっぽい食感がたまらない。
あと、普通のアイスだと食べ始めの時、
固くてスプーンがささらないし…。

あと、かき氷2種。左が「スライスレモン」、右が「みぞれしろ」。
基本的にさっぱり味が好きなので、こういうチョイスになってしまう。
昔は「いちご味」もよく食べてたな。
練乳や小豆が入ったもの、あと抹茶味はどうも苦手だ。
「スライスレモン」は商品名通り、蓋を開けるとスライスしたレモン
入っているのだが、このレモンも(゚Д゚)ウマー。
「みぞれしろ」は無着色なのに、しっかり密の味がするところが好きだ。
しかし、ハーゲンダッツのような高級アイスが出てこないところが
いかにも小市民というか…。

う~ん、写真を見ると食べたくなってきた…。
皆さんは、どんなアイス・かき氷が好きですか?
[PR]
by nyalin290 | 2005-07-13 19:11 | オススメ

映画「電車男」を見る

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
今日は「絶対見たい」と思っていた、映画「電車男」を見に行った。
もちろん、レディースデイを狙って…。
スクリーンで映画を見たのは、去年暮れのトム・ハンクス主演
「ターミナル」以来だろうか(その時は知人もいたが)。
明石・大久保のワーナーマイカルシネマに行ったのだが
朝イチなのに、かなり人が多い。
アカデミー賞を受賞した「ミリオンダラー・ベイビー」も
上映されていたので、一瞬迷ったが
「今日は『電車男』を見に来たんだ」と言い聞かせて
素直に「電車男」の券を買った。

ご存知の通り、ネット掲示板「2ちゃんねる」から生まれたこの映画。
私は原作を読んでないのだが、原作を読んだ上で
先に映画を見た、という友人から感想を聞いていた。
前半は2ちゃんねるで、使われている独特の言葉や絵文字が
飛び交って、別の意味でも楽しめたのだが
(それでも、普通の言葉に置き換えたりしてる箇所も多々)
後半は普通のラブ・ストーリーになってましたね(;´Д`)
原作を読んでない人には、普通に楽しめます。
…スミマセン、正直に言います_| ̄|〇
まぁ、ちょっと無理矢理な部分もなかった訳じゃ…ないけど。
(原作を読んだ友人曰く、飛ばしすぎたり多少脚色したりしてる
部分があるらしい)
でも、話題になってるから見ても損はないかも。
あと、酔っ払いの役で大杉蓮が出てくるのだが
「船を降りたら彼女の島」の父親役を見た直後だったので
すごい違和感ある…。さすがベテランですね。
これから、見る人に注意!
スタッフロールが始まっても、席を立ってはいけません。
新たな“True Love Story”への伏線が…!
それにしても、中谷美紀は相変わらずキレイだったわぁ。

映画が終わって、せっかくマイカルに来たのだから
あそこへ行こうと思ったが、今アレなので断念した。
…って読んでる人にはわからないですね。
実はマイカルの中にコナミスポーツがあって、更にその中に
温泉施設があるのだ。
別にコナミスポーツの会員じゃなくても、1回の温泉利用料さえ払えば
誰でも利用することができる。温泉施設だけの会員もある。
ちょっと値段が高くなるが、タオルや部屋着まで貸してくれるのだ。
で、問題のお風呂は白湯(普通のお風呂)・ハイパージェット・うたせ湯・
泡風呂・露天の檜湯・サウナなど豊富。
特にサウナは入ると翌日、肌がスベスベになってる!
で、お風呂に入った後、カモミールの香りがするレストルームで
寝転ぶのが私の楽しみ…。
そんな訳で、映画の後のお風呂も計画してたのだが
昨日からお月様になっちゃったのよね~。ついてないわ。
[PR]
by nyalin290 | 2005-06-15 17:38 | オススメ

映画「船を降りたら彼女の島」を見る

昨日、借りてきたレンタルビデオを見る。
2003年に公開された
木村佳乃主演の「船を降りたら彼女の島」
監督は田中麗奈主演「がんばっていきまっしょい」の磯村一路氏。

実はこの映画で私の好きな、押尾コータローさんが
音楽を担当している。

5月に行われた、池田のコンサートでメインテーマである
「木もれ陽」(こもれび)を演奏した時に、この映画の
エピソードも語られた。
あまり知られてない映画のようだが、私は押尾さんを知る以前に
この映画のことは知っていた。雑誌か何かで見たのだろうか?
タイトルが印象的だったので、ぜひ見てみたい映画の一つだったのだ。

大まかなあらすじ。
東京の出版社に勤める、木村佳乃演じる久里子が
両親に結婚の報告をする為に、愛媛県の小さな島に帰郷する。
が、なかなか言い出すことが出来ない。
そんな中、島でしばしの休暇を過ごす久里子。
いつしか、久里子は幼い頃の記憶に導かれ、思い出探しの旅に出る…。
続きは映画を見てのお楽しみ。

瀬戸内海の美しい景色とノスタルジーな小学校の校舎を舞台に、
淡々と物語は描かれていく。
随所に押尾さんの曲がかかるが、作品も音楽もシンプルなので
これがちょっとした癒しの効果を生み出している。
癒しというか、ちょっと気だるい感じが良い。
私が好きなのは、大杉漣演じる父親と久里子の会話。
親子間のもどかしい距離感が上手く出ていると思う。
スタジオジブリの「おもひでぽろぽろ」やロードムービーが好きな人、
また、日頃の忙しさに疲れている人にオススメしたい1本。
私はこの映画を見終わってしばらくは、「木もれ陽」
(押尾コータロー1stアルバム「STARTING POINT」収録。
 残念ながら、映画のサントラはない)
をエンドレスでかけてました。今もかかってます。

最後に映画のオフィシャルHP
http://www.altamira.jp/kanojo/

<おまけ>
押尾さん曰く「どこのレンタル屋に行ってもビデオがない」と
MCで言っていたが、垂水駅構内のレンタル屋には
2本も置いてあった。
自分で探すのが面倒なので、バイトのお姉ちゃんに聞いたら
思いっきり「(゚Д゚)ハァ? そんな映画シラネ」って顔されたのだが
横にいたマネージャーらしき人が
「あ、『船を降りたら彼女の島』ですね。少々お待ちください。」と
機転を利かせてビデオを持ってきてくれた。感謝。
[PR]
by nyalin290 | 2005-06-10 14:51 | オススメ

Oh! My NY

水曜日になったら、いつも楽しみにしているものがある。
うちの朝はいつもフジテレビ系の「めざましテレビ」を
付けてるのだが、水曜日の7時45分くらいかな?
「Oh! My ニューヨーク」というコーナーをやっている。
NYに派遣された(?)フジテレビのアナウンサーが
NYの文化、流行、ライフスタイルなどを紹介するという
10分くらいの短いコーナーなのだが、
日本が朝で生中継先のNYが夕方なので、妙にリアリティがある。
実際、現地の人々も出演したりする。
NYも一度は行きたい場所なので、これを見て
行った気分になったりして。
因みに検索したところ、ページが見つかったのでこちら。
http://www.fujitv.co.jp/meza/ohmyny/index.html

ただ、このコーナー、何故か他の企画で潰されることが多い。
今日は、ゆずのベスト盤企画で潰れた。
どおりで占いで双子座が最下位だったワケだ。
[PR]
by nyalin290 | 2005-06-08 11:22 | オススメ

クロスオーバーイレブン

その昔、NHK-FMで「クロスオーバーイレブン」という
音楽番組があった。
番組は20年以上続き、残念ながら2001年に
終わってしまったのだが・・・。
が、ファンの熱い要望に応え、CDとして復活。
私もこの間、丸ビルのTレコード行ったときについ買ってしまった。
この番組の魅力は何といってもアジムスによる
メロウなOPとEDテーマ。
そして津嘉山正種さんによる渋いナレーション。
そして、マッタリした音楽の途中で入るドラマ。
この番組の後にJFN系列の「ジェットストリーム」を聴いて寝るのが
私の日課だった。
(「ジェットストリーム」も途中、迷走していた時期があったが)

早速、CDをかける。
アジムスの音楽にのってナレーションが入る。
「今日も一日が通り過ぎていきます。
昼の慌しさの中で忘れていた、人を愛する優しさ、
人を信じる温もりを、そっと広げてみます。
(中略)
今日一日のエピローグ クロスオーバーイレブン」
うわーっ! FMで聞いたのと同じ!感動(涙)。
そしてエンディング。
「もうすぐ時計の針は十二時を回ろうとしています。
今日と明日が出会う時、クロスオーバーイレブン」
・・・これが聞けただけでも、CD買ってよかった。
番組を聞いたことある人もない人も
マッタリした夜のBGMとしてオススメの1枚。
[PR]
by nyalin290 | 2005-04-07 21:16 | オススメ

映画「半落ち」を観る

つい先日、TVで放送されていた映画「半落ち」を
録画していたものをやっと観た。
どうも、映画観るのは腰が重くて。
「観るぞ!」と気合を入れなければなかなか観られない私・・・。
この映画は、以前も書いたファンである寺尾聰さん主演なので
いつかは観ようと思っていた。

ストーリーの方はまだ観てない人の為に、あえて書かないが
原作が横山秀夫なので、もちろんミステリー要素もある。
が、私はヒューマンドラマとしてこの作品をオススメしたい。
後半はボロボロ泣いてしまった。
「誰の為に生きているか」「守りたいものは何なのか?」という
根本的な問題について考えさせられる作品だった。
また出ている俳優さん達が、やたら豪華なのだが
皆上手いので演技面でも引きつけられた。
ただ観ていて疑問に残る点もあったのだが・・・。

改めて自分に問う。
「誰の為に生きているか」「守りたいものは何なのか?」
前者も後者も答えは日頃、私を支えてくれている
家族や友人たち・・・、そして自分自身
だろうか?
[PR]
by nyalin290 | 2005-03-30 14:25 | オススメ

大西ユカリと新世界って知ってる?

関西を拠点に活動しているバンドの事である。
名前の通り、大西ユカリさんがボーカル、新世界が
バンドメンバーである。
ユカリさんは実際、大阪の新世界に住んでおり、
私がいつも聴いている、毎日放送ラジオ「ナニワ音楽ショウ」
月曜日の担当でもある。
某大手CDショップのPOPを見ると
「関西のゴッド姐ちゃん」とまるで、和田ア○子の様な扱い。
このバンドは主に昭和歌謡をカバーしたり、キャバレーで
ライブをしたことで注目を浴びるようになる。
まだ今より売れる前に、夕方のニュースでも取り上げられたことがあった。
私が考えるこのバンドの魅力は、やはりユカリさんの
パワフルなボーカル、ホーンセクションも入ったバンド編成、
ノスタルジーでありながら新鮮なサウンド
、だろうか?
興味のある人は一度、レンタルでもいいから聴いてみてほしい。
(できたら、押尾コータローさんのアルバムも)

明日、大阪丸ビルのTレコード(黄色い看板のところ)にて
インストアイベント及びサインプレゼントがある。
仕事の打ち合わせの帰りにたまたま、このレコード店で
新しいアルバムを買ったら、イベント参加券をもらった。
偶然ってあるものなんですね。とりあえず明日が楽しみだ。
[PR]
by nyalin290 | 2005-03-26 22:13 | オススメ

ミスターAOR

大阪・南港にFM COCOROというFM局がある。
元々は外国人居住者向けのFM局なのだが、
良いプログラム(番組)があるので、最近よく聴いている。
その中に日曜AM9時から、放送している
「Adult Oriented Radio」というAOR専門の番組がある。
因みにAORというのは「Adult Contemporary Rock」の略で、
平たくいえば大人向きROCKというのだろうか?
ROCKというと激しいのを想像されるかもしれないが、もっと
マッタリしたポップスに近い音楽のジャンルである。
話は戻って、私は最近この番組を聴きだしたのだが
なんとDJが、中田利樹さんなのには驚いた。
中田さんは国内外のアーティストのCDのライナーノーツを
多く手掛け、自身で「COOL SOUND」というレーベルを主催している。
後で書くが、私の大好きなボビー・コールドウェル他
有名アーティストとも交流がある。
そんな中田さんの手掛ける番組なので、AOR120%の中身の濃い
番組になっている。また、やたら喋りが軽快で上手い(笑)。
先日、番組が100回を突破したが、中田さんにはずっとAORの
良さを伝えていってもらいたい。
が、今週の放送で「来週、最終回かな?」と言っている。ガーン!
とにかく、中田さんは私にとっての「ミスターAOR」である。

そして、もう1人の「ミスターAOR」。
前述のボビー・コールドウェル先生が久々にアルバムを出した。
「Perfect Island Nights」というタイトルで
ジャケットにもボビーのシンボルである、月のイラストが描かれている。
このところ(と、言っても結構前の話だが)、ビッグバンドによるJAZZの
アルバムを出していたので、ちょっとガッカリしていた。
が、これは待望のAORアルバムである。
CDをかけるとあの「ボビー節」が! 「そう、これこれ!!」と大満足。
しかも、このアルバムの最後は「SUKIYAKI」、
そう、あの「上を向いて歩こう」のカバーで締めくくられている。
英語なのだが、コーラス部分が日本語で「♪上を向~いて~」と
歌われている。感動。名曲をカバーしてくれて、ありがとう。ボビー。
今年もブルーノートに来るのだろうか?久々にライブにも行きたいな。
[PR]
by nyalin290 | 2005-03-20 11:02 | オススメ