2005年 10月 18日 ( 1 )

母娘買い物記と中華料理

昨日、三宮まで母と買い物に行った。
普段、母とどこかへ行くことがなかったのでちょっと
ぎこちなかった。
まずVIVREへ行って、服探し。
母に「これいいんちゃうん?」と言われながら
買ったのがベージュのセーター。
V字になっていて、真ん中に大きいボタンが3つ付いている。
4,095円也。
次に今、履いてる靴のサイズが合ってないということで靴屋に。
これが大誤算。ブラウンのパンプスを買ってもらったのだが
試し履きしたときはピッタリ合っていた。
が、いざ履いて歩いてみるとこれもブカブカ。
次にカバン屋へ。ああだこうだと鏡で何種類も持ってみて
やっとヘビ柄のベージュのバッグを購入。
バッグの大きさは自分の柄に合わせ、やや小さめ。
これも4,095円也。
鬱病になると、どうも決断力が鈍っていけない。
ほとんど母のリードで買い物が終了した。

一通り買い物が終わったら、父と待ち合わせて
元町の中華料理屋へ。
本格的な中華料理屋で、円卓のテーブルに案内される。
バイキング形式で自分で取って食べるスタイルではなく、
メニューの中から好きなものを選べる。
とりあえず選んだのは、中華サラダ、中華つけ麺、八宝菜、
春巻、盛り合わせ(豚まん、しゅうまい、小龍包、ふかひれ餃子)、
玉子スープ、チャーハン、杏仁豆腐。
四川の味付けだからか全体的に味が濃い。
でも、春巻や盛り合わせは何もつけなくても大変美味しかった。
ボリュームが多いので、これだけ食べるともうお腹いっぱい。
非常に贅沢させてもらいました。幸せです。

街を歩くと確実に秋の気配が押し寄せてるなぁ、と思った。
と、同時に親子間のつかず離れずな仲に
ちょっと切なくなってしまった。

d0004389_12381577.jpg











買い物したものの一部。ヘビ柄のバッグ。
[PR]
by nyalin290 | 2005-10-18 12:23 | 日常