2005年 10月 13日 ( 1 )

K-1 WORLD MAX

http://www.sponichi.co.jp/battle/k1/2005/result/1012/index.html

昨日、K-1 WORLD MAXが地上波で放送された訳だが
よく知らない選手が多かったのと、半分寝ぼけながら
見てたので、実はよく覚えていない。
でも、HAYATOや秋山成勲、所 英男、佐藤嘉洋など
多くの日本人選手の健闘が見られた。
まさか、ガオグライが判定で負けるとは!
しかし、初代王者アルバート・クラウスVS大東 旭のカードは
ちょっと無茶じゃないか?と思った。
アンディ・サワーVS武田幸三のカードは、武田があえなくKO。
これに勝てば、大みそかの「Dynamite!!」での魔裟斗戦が
待っていただけに残念な結果となった。
ところで、今回、ボクサーからK-1へ転向した選手が沢山いた
ような気が…。決まってローキックでダウンしてしまうのですが。
足が出ないのもあるんでしょうが、蹴られ方が下手だ。
しかし、やっぱりMAXはKOが多く見られて
ヘビー級よりは爽快感がある。
やはり、格闘技はこうでないと。
年末の須藤元気VS山本KIDの戦いが楽しみだ。
[PR]
by nyalin290 | 2005-10-13 11:36 | スポーツ