2005年 07月 19日 ( 1 )

私はこれで…、やめられませんでした。

最近、関西の大型書店に行くと「禁煙セラピー」という本が
平積みされている。何故か?

関西では、土曜の朝9時半から「せやねん!」という番組が
放送されているのだが
(関東でいう「王様のブランチ」の時間ですね)
その番組の司会者である、トミーズ雅がこの本を紹介して
「オレはこれを読んで、今、禁煙している!」と
宣言
したのである。それが反響を読んだのか、いろんな本屋で
「『せやねん!』で紹介されました」というPOP付きで
店頭に並んでいるのだった(写真参照)。
本の帯には、今田耕司とお笑いコンビ・品川庄司の品川の推薦文が…。
「私はこの本を読んで、禁煙できました!」

実は私、3年ほど前にすでにこの本を読んでいたのでした。
今の会社の社長の息子さんが、この本を持ってきた。
友人に勧められたらしい。
社長もそうだが、息子もかなりのヘビースモーカーだ。
が、自分は煙草をやめる気がないので、喫煙者の私と
当時、私と同じくパートで勤めていた女の子に読ませ
実験台にしようと企んでたのだ。
が、私も女の子も全くやめる気がない。
にも関わらず、あまりにも息子が「読め!読め!」と押し付けてくるので
仕方なく、2人で回し読みすることになった。

この本なんと、まえがきには「どうぞ、吸いながら読んでください」
書かれている。しかも、著者も長年、自分のヘビースモーカーぶりに
悩まされていた人なのだった。
本はニコチンが体に入ることがいかに恐ろしいか、
また、禁煙することがいかに健康的で素晴らしいかという事を
延々と説く、という内容だった。
…で、予想通りというか、私はこの本でやめられませんでした。
と、いうかこの本は、ヘビースモーカーで「本当にやめたい!」と
思っている人ほど説得力があるんじゃないだろうか?

私は喫茶店に入ったときに4~5本、吸うくらいで
家ではまず吸わないので、「煙草がないと生きられない!」というまでの
喫煙者ではないし、現在もやめる意思がないからなぁ。
ライトスモーカーには不向きかも。

自分で「煙草やめないと、ヤバイ…!」と自覚されてる方は
一度、手にとられてみては如何でしょうか?

d0004389_215771.jpg
[PR]
by nyalin290 | 2005-07-19 21:57 | 映画・音楽・ドラマ・本・TV