止まっていた時計が今動きだした

昨日の東京国際女子マラソンで見事、高橋尚子選手が
2年前の屈辱を晴らし、優勝した。
2年前での同大会での失速、骨折、五輪落選とまさに
この2年間は暗闇の中にいたQちゃん。
しかも、大会直前になっての3箇所の肉離れ。
でも、この心配をよそに笑顔でゴールテープを切った。
高橋選手の中では、この2年間は時間が走ることができなくて
時間がずっと止まっていたらしい。
しかし、この優勝を機に「また時間が進みました」と発言。
更に「今、暗闇の中にいる人も1日でも3年後でもいいから
何か夢や目標を持って生きてほしいです」。
暗闇の中にいた高橋選手だからこそ、説得力のある言葉だと思う。

高橋選手と比べれば、ホントにちっぽけなのだが
私も今、暗闇の中だ。
仕事がなくて家に閉じ篭っているし、
1年半前に自分の大きな過ちで失ってしまった友達のことを
まだ悔やんでいる。
何もする気が起きなくて、ここ1ヶ月はずっと横になっていた。
酷い時にはスキンケアも薬ですら飲むのが面倒臭くなった。
先週は泣き暮らした。
私の時計はずっと止まったままだった。
それが母と話をすることになって、
自分が何も努力していない事を気付かされた。
まず失ってしまった友達に電話をかけた。
2回かけて2回とも出なかった。
「あぁ、やっぱり一度ヒビが入ってしまったものは
もう戻らないのかな?」と思った。
そしたら、土曜日にK-1見ている時にメールが入って来た。
本当に嬉しかった。
翌日に「会いたいんだけど」という内容のメールを送った。
その返事はまだ届いていない。
今はスキンケアもしてるし、薬もちゃんと飲んでいる。
私の中の時計はやっと動き出したようだ。
12月には再度、会社へ仕事の電話をかけようと思っている。
(11月中は仕事がないと言われたので)
ZARDの曲に「止まっていた時計が今動きだした」という曲がある。
今はその曲を毎日のように聞いている。

「君の胸の中に 何も持たずに今飛び込んでいける
 流れ行きたいよ どこか果てまで
 悲しい雨が 心を濡らしていく
 止まっていた時計が今動き出すから」
[PR]
by nyalin290 | 2005-11-21 17:54 | 日常
<< 紅葉狩りとハイキング K-1WORLD GP IN ... >>