ライブだ、ライブ!

昨日、ここでも度々、話題にしてきた
「大西ユカリと新世界」のライブに行ってきた。
初めの曲はデビューアルバムに収録されている
「恋はバツグン」だったが、
大半がNEWアルバム「ありがとう」の曲であった。
因みにライブでは、珍しい2部構成になっていた。

エンターテインメント性はまだこれから、って感じだったが
ボーカル・大西ユカリのパワフルな生歌を堪能するのには
良いステージだったのではないかと思う。
同じ曲なのに良い意味で、CDと全く違う。
やっぱり歌のうまい人は生で聴くべきだなぁ。
元・憂歌団の木村充揮さんがサプライズゲストで現れたときは
ステージ一丸となって盛り上がった。
ただ・・・、すみません。憂歌団は知っていたが、木村さんの
ことを全く知らないので「へぇ~」という目で見てました。
ごめんなさい、木村さん。

ステージの演出としては最後の「ありがとう」という曲で
メンバーが1人ずつ「ありがとう」といって舞台から去っていく
というものだが、ちょっと切なくてあれは良かった。

ただあえて突っ込みさせてもらうと
1.もう少し、以前の曲もやってほしかった
2.MCが少なかった
3.衣装がいつもと比べて地味だった
4.ゴーキャッツがいなかった
  (いつもヤル気なさそうにしてる女性の踊り子さん達)
くらいかな。
でも、家で引きこもりがちになっている私としては
良い気分転換になった。
たまには、こういう場へ出かけるのも必要だな、と感じた。
とにかく、ユカリさんとバンドの皆さん、楽しい時間をありがとう
[PR]
by nyalin290 | 2005-04-16 10:42 | 芸能
<< 花粉症再来!? 未だ眠れず >>