薬の処方、大幅変更

本当は月曜日に病院へ行く予定だったが、
月曜が祝日なので、昨日行ってきた。
エリミンという薬が意外(失礼)にも効力を発揮して
寝つきを良くしてくれたのだ。
今、この薬がないと非常に困る。

雨の平日なのに患者さんが結構、多かった。
自分の番になって、今の状態を答える。
「社長にプレッシャーかけられて、
会社に行く勇気がないんですよね」と言うと
「それはあなたが出来る、と思ってそう言ったんじゃない?」と。
わかってるんだ、わかってるんだ、でも…。
前向きな考えが浮かんでこない。不安だらけだ。
「じゃあ、今まで抗鬱剤、今まで出してなかったから
出しておくわね」と言われた。
処方箋を見て嫌な感じがした。大幅変更である。

・PZC 2mg
・インプロメン 3mg
・レキソタン 5mg
・パキシル 10mg
・アキネトン 1mg

5種類もの錠剤を朝晩飲まなければならない。
あれ? 今までのアモキサンという薬は何だったんだ?
しかも、PZCは前から「効かない」と言っているのに。
薬局へ行って、これだけの薬を渡されて不安になったので
薬局から病院に確認してもらうことになった。
「アキネトンは、パキシルによるパーキンソン症状を
無くす為のもので、とりあえず2週間これで様子を見てほしい」
との回答だった。
これだけ薬が変わったので、飲んでる私としてはかなり不安である。
本当にこれで効くのか?
それに睡眠剤3種も追加なので、薬価は32条使っているにも
関わらず、480円だった…。
これ、32条使っていない場合だったら…((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

帰りはお決まりのドトールコースへ。
さすがにこの時期になると、アイスコーヒーからホットに変更。
昨日もマッタリした時間を過ごして帰った。
ここ最近、安定しない天気だったが、帰る頃には雨もやんでいた。
[PR]
by nyalin290 | 2005-10-08 19:21 | 通院
<< 薬の飲み合わせには注意 昨日の今頃は… >>