DJ Akasaka Radio Magic!!

今日は長い文章が更に長くなりそうです…。

私がご贔屓にしてるFM局、FM-cocoloのHPには
http://www.cocolo.co.jp/index.html
1日の番組表がある。一昨日それを見ると、…おや?
「え!? マジで! っていうか、いつ始まったん!?」と
ビックリしてしまった。
朝7時から9時までの番組名が
「赤坂泰彦Morning Groove~One on One~」とある。
次の日(昨日ですね)、仕事だったということもあり早起きしていたので
早速、FM-cocoloにチューニングする。
すると聞こえてくるではありませんか! DJ赤坂の声が!
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!  嗚呼、なんか感激・゚・(ノД`)・゚・
しかも、選曲も自分でしているらしい。
更にR.Kellyの「Happy People(これがまた(・∀・)イイ!!)」をかけた時に、
赤坂さんが尊敬しているDJ、ウルフマン・ジャックの名前を挙げ
「せめて、ラジオを聴いている間だけでも楽しい気分になってほしい」と
いう言葉を聞いて、
「あぁ、やっぱり赤坂さんはリスナーの事をよく考えてくれてるな、
本当にDJが好きなんだな」と久々にラジオから流れてきた、その声に
ちょっとジンワリきてしまった。

何故、こんなに感激しているか? それは私が高校生の時にさかのぼる。
当時、赤坂さんはTOKYO-FM系列で
「赤坂泰彦のミリオンナイツ」という夜の帯番組をやっていた。
今の「One on One」では敬語で喋っているが
「ミリオンナイツ」では、リスナーの事を「おまえ、おまえら」
呼んでいた。
でも、それは上から見下ろしてる訳じゃなく、
常にリスナーと同じ目線に立っているのが、伝わってたから
リスナーも赤坂さんの事を「赤坂」と普通に呼んでいた。
時には(と、いうか殆ど?)馬鹿話をしながら、
時にはリスナーの悩みに真剣に答えてくれた。
DJ赤坂はいつも、ラジオの向こうのリスナーにエールを送り続けた。
が、97年9月に急遽、TOKYO-FMの諸事情により
番組が打ち切られる。最終回でDJ赤坂は泣いていた。
「TOKYO-FMさん! 僕にもう1度チャンスを下さい!」
訴えていたことは今でも忘れられない。
そんな訳で私の中の「ミスター・DJ」は伊集院光ではなく、
赤坂泰彦なのだ。

ところで、メールのアドレスが、mail@oneononefm.comだったのが
気になり(普通は、放送局のアドレスなのだが)、
「赤坂泰彦Morning Groove~One on One~」で検索してみると
なんとDJ赤坂のHPを発見!
どうやら、7月から始まった新番組らしく、東京のInter FMと
大阪のFM-cocoloでしかネットしてないらしい。
HP内でプライベートラジオを聴くことができたのだが、
DJ赤坂のこの番組に対する気合の入れようは凄いです。
よ~し、私も早起きしなくちゃ!
因みにCDプレゼントがあったので、メッセージ入りでメールを送ると
プレゼントこそ逃したものの、1行だけメッセージを読んでくれた。
今回はいつもの「ニャリン」ではなく、本名だけで出したので
下の名前を「さん」付けで呼んでいただきました。
なんか照れるなぁ。DJ赤坂には、やっぱり「おまえ」で呼んでもらいたい。

そういえば、DJ赤坂の番組にメッセージ出すの初めてだった。
「ミリオンナイツ」の頃はFAXもメールもなかったし、
(いや、FAXはあったか?)
聴いてるだけで満足だったからなぁ。
私は火曜日の「うさんくさいポップス」が大好きだったよ。
個人のHPなので、直リンはしませんが
ここ↓で「うさんくさいポップス」と赤坂のナイスなツッコミが聞けます。
(歌詞も閲覧可能)
http://keiji-m2.hp.infoseek.co.jp/usap/index.shtml
ジョニー広瀬の「太陽に抱かれたい」はソラで歌える!
一度聴いたら、その摩訶不思議な世界に驚き爆笑します。

最後にDJ赤坂の公式HP↓
http://www.tokyojap.com/akasaka/index.html
[PR]
by nyalin290 | 2005-07-21 14:11 | オススメ
<< タイガースナイターのミスター実況 私はこれで…、やめられませんでした。 >>