舞台「ヘドウィグ アンド アングリーインチ」を観る

―水曜日、大阪にて。
仕事が終わって、久々に私の愛すべき大阪のオカマ勃ち(笑)2人と会う。
インドカレー屋でディナーするが、2人共やけにテンションが高い。
実は後日、三上博史主演のロックミュージカル、
「ヘドウィグ アンド アングリーインチ」を観るのだが、
2人とも先に観賞していて、その話題で盛り上がってたのだ。
そのうち1人は、ヘッドバンしすぎて「首が痛い」と言っている。
明日は3人で「ヘドウィグ~」を観るのだが、ある意味心配だ…。

―木曜日。
シアタードラマシティにて。
私と友人は別の所で当日券を予約したので、別々の席になった。
う~ん、右よりのしかもかなり後ろの席だ…。
これで8400円って…。

お話はわかりやすく言うと、
ヘドウィグというオカマのロックミュージシャンが愛を探し求める。
やがて、17歳のトミーという青年に愛を注ぐが
トミーはヘドウィグの曲を盗んで、NO.1のロックスターに上り詰める。
裏切られたヘドウィグは自らのバンド「アングリーインチ」を率いて
トミーのコンサート会場の脇の冴えないホテルで巡業を開くが…。

ステージは、三上さん演じるヘドウィグのコンサートで
自らの半生を自身の曲を織り交ぜながら綴る、という構成。
もちろん三上さんが、オカマ言葉でMCして歌うのだが
とにかく、そのパフォーマンスに圧倒!
私は「チャンス!」というドラマで売れないロックスターを演じた
三上さんを見てファンになったのだが、やっぱりこの人は凄かった!
ヘドウィグサイコー! 三上さんサイコー!
すみません、これくらいしか感想浮かびません。

あぁ、欲を言うならもっと前で見たかった・・・。
この舞台を収録したDVD出ないかな?

ちなみにこの舞台を観に行った日は7月7日だったのだが、
神奈川県川崎市でも、熱いライブが行われていた。
私の大好きな寺尾聰さんのライブが、クラブチッタ川崎で
行われていたのである。
これも行きたかったんだがなぁ。
チケット代10500円+交通費を考えると…。
((;゚Д゚)ガクガクブルブル
これもDVD化されないかなぁ。

P.S. 別で当日券を予約した友人達は、私より前の席にいたのだが
そのうち一人のハシャギぶりが凄かった…。
ある意味、三上さんより目立っていた。
「ヘッドバンで首がむちうち状態」というのもわかる気がした。
見ていて、ちょっと恥ずかしかったです(失礼)。(;´Д`)
[PR]
by nyalin290 | 2005-07-09 11:43 | 映画・音楽・ドラマ・本・TV
<< 32条申請して、もう2年 No More War! No... >>