鶴橋で韓国料理

昨日、友人の誘いで大阪の鶴橋まで行った。
目的は韓国料理。
私は鶴橋に行くのが初めてなので、友人にまかせっきりにした。
すると、意外な事実が発覚した。
てっきり、よく足を運んでいるのだと思ったら行くのが
なんと15年ぶりだと言う。
で、手にはYahoo!で調べてきた、今回行く予定の店のページを
プリントアウトした紙が…。
「こんなんで大丈夫かいな?」と一抹の不安を感じながら
環状線で鶴橋へ。

そして、駅に着いた。しばらく進むと駅の真横に商店街があり、
一種異様な雰囲気…。やたら焼肉屋やらキムチ屋やらが多い。
そして、目に飛び込んで来る見慣れない看板のハングル文字…。
そう、ここはコリアタウンだったのだ。
横にいる彼はやたら、何か探している。話を聞くと
「トッポッギってものが美味しいねん。どこかないかな?」
歩き回ること数十分、ようやく屋台風の店で発見することができた。
トッポッギというのは、韓国のお餅や薄く切った天ぷらを
コチュジャンと砂糖、醤油で甘辛く似た料理。
感想はまぁ、普通に甘辛い。美味しいといえば美味しいが…?
友人曰く「(『美味しんぼの』)山岡さん風に言えば、これはちょっと
違うなぁ。俺が作った方が上手い」 えらい自信である。

その次、向かったのが某焼肉店。これが苦労した。
地下鉄千日前線4番出口スグと、地図には書いてあるが
全く見つからない。1時間くらい歩いただろうか?
私「もう素直に4番出口、探したら?」
友人「違うねん、それは負けになるねん!」
私「負けってなんやねん!?」
友人「えー、なんか悔しくない? 一生懸命探し出して喜びが増すっていうか」
私「もう、人に聞いちゃえば? 私、(迷ったら)すぐ人に聞くで」
友人「それは俺の中で負けやねん!」
…負けって誰相手に戦ってるのか?
そんなやりとりが続き、やっと探し出すことができた。
実に目立つ大きい建物でした…。
が、行ってみるとガラス越しに見える店内がすでに廃墟化していた…。

仕方なく商店街に戻り、友人曰く「どこでも好きなトコ、行っていいわ」
と、いう事で店にTVで紹介されました、と書いてある焼肉店に。
歩き回った甲斐あって、美味い!
お肉も柔らかく、ごはんがどんどんすすむ。
テールスープも、牛肉がスプーンでサックリ割れる程柔らかい…。
数ヶ月前、食欲が全くなかったのが嘘みたいだ。
ただひとつ文句を言わせてもらうと、メニューにない
商品載せるな!ゴルァ!黒胡麻アイス楽しみにしてたんだぞ!

すっかりお腹が満腹になったところで、梅田に戻り
ビリヤードの猛特訓が…。
1時間みっちりシゴかれました。
そして、翌日の今日。歩き回ったせいで足が筋肉痛に…。
[PR]
by nyalin290 | 2005-06-19 17:56 | 日常
<< 神戸・垂水が誇るケーキと阪神・... またまたラジオ出演(改訂版) >>